安心安全のためには眼科で検査も必要

オシャレ、ファッション性を高めるカラコンもカラーバリエーション、デザイン性が高く評価されています。
今や、男子もカラコンをつけていたり、コスプレイヤー向けに斬新なデザイン、カラーが展開しています。
ですが、度が入っていなくとも、眼科で検査を受けることが推進されています。
視力の低下、角膜のカーブ、眼疾患の有無までがしっかり検査できるため、瞳の健康を確認できます。
1日使い捨てであっても、つけ心地が快適であるカラコンをつけたまま、2日目を迎えるケースも少なくはないのが実状で、涙液分泌量が少なくなるなどのドライアイの心配も挙げられています。
使用目的、使用環境などを眼科医が診断してくれますし、必要に応じたケア用品、処方なども行ってくれます。
もちろん、診断の結果、カラコン使用が適さない方もいますが、現在、レンズ製法も選ぶことができ、装用時間を短く、定期検査を受けるなどの配慮で利用できるケースも挙げられています。